臨床研究のオプトアウト

《課題名》篤志献体を対象とした形態学的調査研究

 

《研究対象者》しゃくなげ会会員で篤志献体をされた故人の皆様

 

研究協力のお願い

滋賀医科大学において上記課題名の研究を行っています。この研究は、篤志献体を対象として人体の肉眼的構造ならびに微細構造を調査する研究であり、研究目的や研究方法は以下の通りです。ご献体および解剖により得られる情報等の研究への使用について、このお知らせをもって公開いたします。対象となる方のご遺族におかれましては、研究の主旨・方法をご理解いただきますようお願い申し上げます。

対象となる方のご献体あるいは情報のこの研究への使用をご遺族が希望されない場合、あるいは、研究に関するご質問は下記の問い合わせ先へご連絡ください。

 

(1)研究の概要について

研究課題名:篤志献体を対象とした形態学的調査研究

研究期間: 2013年9月24日~2023年9月30日

研究機関・実施責任者: 滋賀医科大学 《所属》解剖学講座 《氏名》宇田川 潤

 

(2)研究の意義、目的について

研究の意義、目的

篤志献体を対象として人体構造を肉眼解剖学・組織学を含む形態学の観点から研究を行い、医療の発展に役立てることを目的としています。

 

(3)研究の方法について

研究の方法

・研究の内容

篤志献体を対象として、人体の肉眼的構造や微細構造を調べます。研究の詳細は「研究一覧」に掲載していますので、必ずご覧下さい。

 

・利用する試料や情報等の項目

1                脳血管の正常変異、先天奇形、脳卒中等による異常血管の有無

2                脳動脈瘤の存在頻度

3                脳重量、脳回の正常変異

4                頭蓋骨の正常変異様式、骨形態による年齢の推定

5                硬膜静脈洞の変異様式

6                体幹部(胸部・腹部)、各種臓器の動脈の分岐様式

7                筋・骨格・脈管・末梢神経における破格の探索

8                腕神経叢の分岐様式

9                上腕皮静脈の分岐様式

10             身長、体重などの体格指標

11             各種臓器の形態形成様式

12             歯科・口腔解剖における個人識別(男女差等)の指標調査

13             骨格器の計測1(長さ、角度、重量、組織学的所見等、新たな計測指標の探索)

14             骨格器の計測2(X線診断装置による計測と診断)

15             腹部・胸部の実質性臓器を対象として超音波診断装置を用いて行う画像診断

16             その他人体構造において重要と考えられる臓器・器官・組織の形態

重要な部分は、必要に応じてデジタルカメラで撮影したり、組織の一部を顕微鏡で調べたりすることもあります。

 

(4)個人情報の取扱いについて

《個人情報の取扱いに関する記載》

研究にあたっては、個人を容易に同定できる情報は削除したり関わりのない記述等に置き換えたりして使用します。また、研究を学会や論文などで発表する時にも、個人を特定できないようにして公表します。

 

(5)研究成果の公表について

この研究成果は学会発表、学術雑誌およびデータベースなどで公表します。

 

(6)研究計画書等の入手又は閲覧

篤志献体をされた故人のご遺族の方は、希望される場合には、他の研究対象者等の個人情報及び知的財産の保護等に支障がない範囲内で本研究に関する研究計画書等の資料を入手・閲覧することができます。

 

(7)利用又は提供の停止

ご遺族の求めに応じて、研究対象者が識別される試料・情報の利用を停止することができます。停止を求められる場合には、下記(8)にご連絡ください。

なお、これらの研究成果は学会や学術論文として発表することになりますが、発表後に参加拒否を表明された場合、すでに発表した論文等を取り下げることはいたしません。

 

(8)問い合わせ等の連絡先

滋賀医科大学 解剖学講座生体機能形態学部門 宇田川 潤

住所:520-2192 滋賀県大津市瀬田月輪町

電話番号: 077-548-2136

メールアドレス: udagawa@belle.shiga-med.ac.jp